ホーム会社案内>沿革

会社情報

沿革

昭和43年  1月 石川県小松市において小松ウオール工業株式会社を設立。スチール及びアルミ製間仕切の製造販売、設計施工を開始。

 2月 大阪府大阪市に販売子会社株式会社小松を設立。(昭和57年8月 小松ウオール販売株式会社に改組。昭和62年12月 営業譲受)
昭和45年 11月 石川県小松市に第一工場を新設。
昭和46年 10月 マイティウォール(可動間仕切)を開発、販売開始。
昭和52年  4月 石川県小松市に第二工場を新設。
昭和54年  4月 大阪府東大阪市に子会社小松ウオールサービス株式会社を設立。(昭和58年 大阪府吹田市に移転。平成22年4月 吸収合併)
昭和55年  3月 大型移動壁ランニングウォール(移動間仕切)を開発、販売開始。

 8月 子会社小松ウオール新潟販売株式会社を設立。(平成3年4月 吸収合併)
昭和57年  8月 子会社小松ウオール長野販売株式会社を設立。(平成18年4月 吸収合併)
昭和59年  5月 子会社小松ウオール京都販売株式会社を設立。(平成11年7月 吸収合併)
昭和60年  3月 モールシステム(ロー間仕切)を開発、販売開始。
昭和61年  5月 台湾、台北市に合弁会社田松有限公司を設立。(平成7年3月 全株式譲渡)

 9月 広島県広島市に合弁会社小松ウオール中国販売株式会社を設立。(平成12年4月 吸収合併)
昭和62年  1月 石川県小松市の金属加工会社有限会社富士に出資、子会社化。(昭和62年9月 小松プロテクター株式会社に改組。平成21年4月 吸収合併)
平成元年  3月 石川県小松市に第三工場を新設。
 8月 日本証券業協会に店頭登録。
平成3年 12月 石川県小松市に第三工場2号棟を増設。
平成4年  7月 石川県小松市に子会社小松ウォールシステム開発株式会社を設立。
(平成20年4月 吸収合併)
平成8年  1月 カムフォートドア(高齢者・車椅子利用者向けドア)を開発、販売開始。
平成11年  3月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第二部に上場。

 3月 「ISO9001」の認証(本社および工場(第一、第二、第三工場))を取得。

 9月 小松ウォール北海道販売株式会社を子会社化。(平成18年3月 清算)
平成12年  3月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
(平成22年12月 大阪証券取引所上場廃止)
平成13年  3月 「ISO14001」の認証(本社および工場(第一、第二、第三工場))を取得。

12月 「GWALL」ジーウォール(可動間仕切)を開発、販売開始。
平成14年  8月 「KW−TW」トランクウォール(可動間仕切)を開発、販売開始。
平成15年 10月 「カームドアKK(LGS内蔵タイプ)」(固定間仕切)を開発、販売開始。
平成17年  6月 石川県小松市に第三工場3号棟を増設。
平成19年  9月 東京都江戸川区に関東物流センターを新設。
平成26年  6月 石川県小松市に第三工場5号棟を増設。
平成28年  4月 石川県加賀市に加賀工場を新設。
平成28年  7月 石川県小松市に第一工場R&Dセンターを新設。
戻るこのページのトップへホームへ